« 風情あるも診てもらう勇気は… | トップページ | ミャンマー生まれ大阪育ちでMOYASHIKKO »

2007年12月16日 (日)

仕事場は“戦場”かぁ?

Senjo  南河内にある二流半大学から送られてきた冊子に「我が愛すべき戦場へ、ようこそ!」という特集記事みたいなもんがあった。“戦場”に“しごとば”のルビ…ひっかかる。何じゃそれ。気持ちはめっちゃめちゃちょっとくらいやったら解らんでもないけど、ちゃうやろ。
 ふたつの点でひっかかる。
 ひとつは「戦場」というコトバを軽々しく使うてええんかいな、な点。もうひとつは、仕事に対するスタンス。仕事場が戦場か?。まぁ、ライバルの仕事取るか、また取られるかとか、ノルマ達成できへんで命を絶たねば…な日々を送ってはる人たちにはそうなんかもしれんけど、わしの生き方には、合わん比喩や。勿論わしかてええかげんにやってるわけやないよ、仕事の現場って。けど、それは“戦場”やないわ。まぁ、ええねんけど…って、ええことないからついつい書いてしもとるんやけど。
 ちと同様に「ちゃうやろ」と思うのが、選挙に“勝った”って言い方。勝ち負けか?選挙って。選ばれたんでっせ、託したんでっせ、勝ったんちゃいまっせ、勘違いしなはんなや、と言いとなる。しかし何ですな、大阪府知事選の展開…何とも言えまへんな。都知事選と大違い。なさっ

|

« 風情あるも診てもらう勇気は… | トップページ | ミャンマー生まれ大阪育ちでMOYASHIKKO »

あほらし」カテゴリの記事

思ったこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/17398372

この記事へのトラックバック一覧です: 仕事場は“戦場”かぁ?:

« 風情あるも診てもらう勇気は… | トップページ | ミャンマー生まれ大阪育ちでMOYASHIKKO »