« 珍酒票 3 “高誉鹿” | トップページ | 琺瑯タンクの余生 2 但馬杜氏の郷で »

2007年10月23日 (火)

限りなくPETボトルに見える一升瓶…

Daitoku←但馬のスーパー「ナカケー」で、珍しい醤油…というか珍しい容器に入った醤油を見つけました。
Daitoku1_2Daitoku2 レッテルを見て知ったのですが、この容器、何やと思われますか?。これ、PETボトルにあらず、何と“一升瓶”。ガラスでありながら触るとペコペコへこみますんで、割れる心配もなく…すぐれた容器ですね。で、この赤いキャップの部分、これ、材質何やと思います か?。プラスチックに見えますが、実は“スチール(中栓はプラ)”。これまた金属特有の固さがなく、軟質で珍しい材質です。「大徳醤油」…あまり大阪ではなじみのない醤油ですけど、こんな優れた容器で商品化してはるんですね。目立たないところでコツコツと企業努力を重ね…全国制覇も夢ではありますまい。環境にやさしい一升瓶入り大徳醤油、みんなで応援しましょう。けっ。

|

« 珍酒票 3 “高誉鹿” | トップページ | 琺瑯タンクの余生 2 但馬杜氏の郷で »

あほらし」カテゴリの記事

小発見」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/16870522

この記事へのトラックバック一覧です: 限りなくPETボトルに見える一升瓶…:

« 珍酒票 3 “高誉鹿” | トップページ | 琺瑯タンクの余生 2 但馬杜氏の郷で »