« さよなら“堀内カラー・南”の建物 | トップページ | 何十年ぶりに買い与えてもろたかなぁ… »

2007年10月26日 (金)

さよならKPOは「さよなら大阪」でもあるな。

Kpobeer 今月末で閉鎖されるキリンプラザ大阪(KPO)。閉店までに行っておかなと昨夜、三階の「KPOキッチン」に行ってきました。
 ここの良さは、何と言っても「アサヒビールのネオン肴にキリンビールを飲む」っちゅうシチュエーションですな。大阪発祥のアサヒがムキになって「どや!」ってやってる感じがステレオタイプな“大阪”っぽいね。昔はあのでかさの半分くらいのネオンやったから、余計に今のサイズに「どや!」感があって…そうそう、お馴染みグリコのネオンもよく見えるわけで、もっと大阪へ観光に来た連れとかとここに来るべきやったなぁとしみじみ。
 しかし高松伸氏設計のこれを、たった20年で潰してしまうとは…何とも言えませんな。「老朽化」って言われても説得力ないね。
 で、結局や。「大阪はどぉでもええ市場やで」って事になったということやろね。ソニータワーがなくなったのも同じことやろ。そうそう、サッポロビールが大阪工場閉鎖を決定したのも、関西でサッポロがあんまり売れへんという事実もさることながら、やっぱり「大阪はどぉでもええ市場ですねん」がホンマのところなんやろな。
Kpo  そんなことうちのひとと話しながら、ピルスナー→エール→スタウト→ヴァイスと飲みました。どれも美味しかったですょ、いやホンマ。建物がなくなる事ばかり気にしていたけど、この味が手軽に飲めなくなるのは…もっと淋しいかも。
 帰りしな、新しくなりつつある(まだ工事中)戎橋を渡ってKPOを眺めましたところ、これまた見事にアサヒビールのネオンがばっちり写り込んで、まるでスーパードライ缶が「ビルの中にビール工場!」と喋ってるみたい。やっぱりおしいなぁこのブラッキーなシチュエーションがなくなるのは。KPO閉鎖後は、アサヒもネオン、ヤメはったりして…
(余談:“戎橋”を“ひっかけ橋”って言うの、嫌ですわ)

|

« さよなら“堀内カラー・南”の建物 | トップページ | 何十年ぶりに買い与えてもろたかなぁ… »

大阪ネタ」カテゴリの記事

大阪市中部」カテゴリの記事

思ったこと」カテゴリの記事

看板」カテゴリの記事

社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/16879583

この記事へのトラックバック一覧です: さよならKPOは「さよなら大阪」でもあるな。:

« さよなら“堀内カラー・南”の建物 | トップページ | 何十年ぶりに買い与えてもろたかなぁ… »