2018年4月18日 (水)

雨にけぶる公園…

 朝より所用で玉造へ。道すがらの公園見れば、雨にけぶっていつにも増してしんみりしまっせ。
Amenokoen1
 それなりの面積ありながらまず人影を見かけんこの公園。晴れの日にもなぜか湿度を感じる(=個人の感想)とこですから余計に寂しいなります。
Amenokoen2
 新芽出す季節で清々しいはずやのに…って、誰も遊ばんから草青々な訳で。遊具のピカピカも…ちょっと沁みますな。

(於:中央区) まぁ賑わってる公園の方が少ないか、きょうびは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月17日 (火)

ガラスに挟まれ二次元化する草

 朝から茶会。上質な一日の始まり…とか何とか。行く途中ふと道端を見ますと植え込みに黄色のかわいい花が咲いていて…春ですなぁ。ですが、ちょっと妙。いち部分が二次元化しています。
Onitabirako1 Onitabirako2
 撮ってもなかなかそのニュアンスが写らんもんで…チカラ不足やなぁ。まぁようするに板ガラスが何枚も立てかけられていて、その隙間に芽を出し葉つけ花咲いているんですよ。みずから“押し花”になって二次元化してオモロイ様な気の毒な様な。
 雨風や虫に守られ…とも言えるもなんとも窮屈そう。春の訪れが快適とはいかなんだんやなと思うとやっぱり不憫ですな。
 で、この草よく見るも名前知らんなと調べますれば“オニタビラコ”かなぁ多分ですけど。何と恐ろしい外来種全開の名前やことと思いましたけど“鬼田平子”で在来種とか。何も知らんなぁ…ほんま。

(於:中央区) 昼からは茶の湯に導いてくれはった夫妻訪ね京都は嵯峨へ。超上質な一日…とか何とか。

※関連記事:
二次元化した観音竹』 2013年3月 記

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月16日 (月)

青空と新緑と朽ちかけ小屋と自転車一台昼下がり

 清々しい一日。新緑も勢い増してちょっと初夏な感じ。
1804161228
 南海に井原里って駅があったんかと思いながら下車して海の方で仕事。帰りは阪和線にしよかいなと歩きますればこんな光景が。青空にまばゆい新緑、朽ちかけの小屋には一台の自転車…初めて見る景色ながら郷愁を覚える不思議な感覚。幼少期の夏休みを思い出させる要素がそこにある…ってまだ4月。ちょっと早すぎ。

(於:泉佐野市) 泉州名物タマネギ小屋。柱と斜交いだけで持ってる方が不思議。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年4月15日 (日)

“不調のため五・六回押して下さい”

Fucho56 まぁ読んで字の如く。20%くらいの確率で鳴るわけですな。それがなんかええなぁと思いまして。いやね、きょうびの電気モンって○か×という感じで正常か故障かのどっちかですけどこいつは時々直る訳でほれ、真空管時代のテレビみたいですやん「叩いたら直る」みたいな、ね。
 ってまぁそういうのもテレビのドラマなんかでよく出てくるシーンでそれに記憶が感化されているだけかもしれんなぁとちょっと思いましたけど、いや違う。実際直りましたやん。不思議やなぁとも思いますけどそんなモンやとも思いますわ。で、なんで叩いたら直るって?それは…昔のモノには魂が宿っていたからでしょう…とか何とか。

で、そうそう。以前うちのインタホン夜中に鳴ることあって「ピンポーン」って。気持ち悪いのなんのって例えイタズラでも夜中はね。調べてもらうとどうやらネズミが配線をかじったからの様で。それが理由やとわかるまで随分かかったなぁ。もちろんこの時も時々正常やったこと思い出しました。

(於:京都市上京区) 字面もええねんな、これ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月14日 (土)

昭和なプラ看板 160 ● 電話・HA・ニューメディア 取扱店

 “HA”って、何や?
Dhn2 Dhn1
 何となくもうやってはれへん風な電気工事屋さん。あれこれ気になる要素あれどやっぱりこれがいちばん目を引きます。
 すっかり今や通信手段は携帯電話を通り越してスマホの時代に“ニューメディア”のコトバが逆にオールドな感じ。それよりメインの図案が黒電話の受話器に丸いダイヤル。もうきょうび“ダイヤル”も通じないかもしれませんな若い衆には。
 で“HA”。何のことかいなと調べますればこれ“ホームオートメーション”の略とか。そうか…こんな時代からそういう考えがあったんですね。これは近年スマホで家電製品動かすのが実用されてるみたいですから…たいしたモンです。さすがはナショナルさん、ですな。

(於:城東区) ニューメディアにマルチメディア…昭和な感じと思いきやヨドバシって後者のを使ってるな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月13日 (金)

防火水槽 208 ■ 京都府八幡市橋本中ノ町

 第207号となる防火水槽見つけ「この街は期待できるで」と凝った物件を期待し街歩けど見当たらず。ほぼ諦めかけていたその時ようやく見つかるも…もひとつな感じ。
Suiso208a Suiso208b  きっともっと元・遊郭にふさわしい(?)物件が見つかると思っていましたけど、これは見ての通り“超”が付くほどの質素さで似た別モンかもしれません…って思いましたけど、ほな何に使うモンやねんと問うてみるとやっぱり防火水槽ですね。
 駐車場の隅にあって今はどうもゴミ箱としての余生を送っている様子。隣には石臼、左手前にはコカ・コーラの1L瓶用ケースと逆さに突っ込まれた一升瓶いっぱい。時代に取り残され不要になったモノたちの楽園とも言える場所でした…ってかなし寂しそうな一角でしたけど。

(於:京都府八幡市) 中学生時分、コーラの1L一気飲み密かに流行ってたなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月12日 (木)

沖縄の海は港まで青いんや…

 大阪モンの自分にとってはちょっとした発見。
Itomanko Higashishina  伊丹から搭乗して沖縄に近づき下見れば…おぉ、島のまわりがまるで入浴剤みたいな青々さ。へぇ、上から見たらこう見えるんやなぁと驚いていたんですけどそれより、街の港や川までもがマリンブルーやとはもっとびっくり。そうなんや…そらぁこれだけ青々やったら保身のために魚も青なったりしますわなぁ。
 まぁ先にも触れました通り他所モンしかももひとつ学ない自分としてはそれなりの発見でした。

(於:沖縄県糸満市ほか 色々感じ考えさせられるも心地よいところかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月11日 (水)

外国語のローマ字表記 43 ◇ Oranda Baka

 うちのひとこまめにポイント貯めてマイルにして…おかげさんでちょっと沖縄へ連れて行ってもらいました。
Orandabaka1 Orandabaka2  で、これ発見。最初クルマで行き過ぎたあと「え?“Baka”か」と。なんぼ読みで“ばか”やとしてもローマ字表記は“Haka”やないかとそれが気になり「そう言えば“オランダ”はどう書いてあったかいな?」と戻りましたら…ばっちりのローマ字表記。ええなぁOranda Baka。
 とまぁネタさえ撮れたらそれでええわい…と何とも向上心のないことで。そこが何かも検証せんまま空港へ。調べますればここ、異人さんの墓には違いないものの、葬られているのはオランダ人やなくてフランス人やとか。説明文を読み続けるになんかネタにしてええんかいなな気分になってきました。合掌。詳細は名護市役所のサイト内“オランダ墓”をご覧ください。


(於:沖縄県名護市)
近世、西洋人を指すコトバがオランダやったのなら、“Oranda”表記が正しいな。

| | トラックバック (0)

2018年4月10日 (火)

“オール”はイランやろ。

 まやかしチックな表現やこと。
All50
 まぁ見ての通り。“オール50円”のはずが60円,70円,80円…100円のもありまっせ。
 マークよく見ると小さく“”が記してありますわ。そうか…と一瞬納得しかけるも「それやったらオールはアカンやろオールは」。ま、安いから文句言うなよって?その通り。

(於:城東区) やっぱり50円はサンガリアか…なんか気の毒。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年4月 9日 (月)

純粋面格子

 “無用面格子”とも言えるか。
Junmen
 何のための面格子? 純粋に意匠としてここにあるとしても「それで?」やしなぁ。

(於:城東区) けどまぁ何かええ感じかも謎なところが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年4月 8日 (日)

むかし永田西二丁目、いま東中浜六丁目10。

 一家でしまむらへ行くもお子ゆっくり選びたいとのことでおっさんは1時間あたりの探索へ。少し歩けば商店街もあってええ感じ。その一角にひっそり残る古い町名看板が。
Nn3a Nn3b Nn3c Nn3d  かなり赤錆浮いた状態ながらも広告部分含め全面判読可能ですが、町名は変わり、厨房設備商会さんもどうやら今は存在していない様子でお役目ご苦労さんってところです。
 上部を見ると味わいある“城東区”の文字。いかにも古いモンって感じですが、よく見るとその下に木製の看板が隠されています。もっと古い時代のもんが残されていると思うとついつい剥がしたく…いやいや勿論そんなことしませんけど。しかしながら…全体的になんかええ感じの一角ですわ。

(於:城東区) “永田の西”から“中浜の東”と区割り変更…ってええんかいなという気がする。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年4月 7日 (土)

仕方なくロータリー

 造形的にかっこええわと撮っただけですけど、よく考えたら…うん。
Shikatanaku
 過日行った名古屋は近鉄黄金駅近く。道の真ん中に高架道路の橋脚があって光まわりもキレイし巨大キノコみたいやなと撮って…で、いま改めて見たらここ、こんなもんあるから仕方なくロータリーになってますやん。
 調べますればこれは“黄金跨線橋”で、仕方なくロータリーは、2つあるみたいです。しかしまぁ交差点の真ん中に支柱を設けるってなかなかな発想…時代がそうさせたのかな。

(於:愛知県名古屋市中村区) かっこええけど、夜見たら結構怖いかも。

※関連記事:
二次元ロータリー』 2016年6月 記
かわいいロータリー』 2015年10月 記

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 6日 (金)

雨でしっとりまばゆい新緑、午後3時。

 花の次は、まばゆい新緑。
1804061454
 納品で行った京都はしっとり雨も手伝って「あぁニッポンって感じ…」ってなんのこっちゃ。
 生活臭の漂わん凛とした空間が日常のすぐそこにある…やっぱり京都の街は別格やなぁと歳を重ねてようやくそう感じる様になったかな。その割にいつも要件済ませてさっさと引き上げてくるんですけども。

(於:京都市上京区) ホンマはまだまだわからんねん神社仏閣の有り難さ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 5日 (木)

午前9時の六甲アイランド

 六甲アイランド某所で仕事。こういう街は…スンマセンちょっと居心地悪くて。
1804050907
 とか思うもそうそう、造形的にはかっこええなぁと思うわけで。見上げれば神戸新交通と歩道橋のカーブがええ弧を描いてますやん。難しい考えるまでもなく人工島ならではのシュッとした感がたまりませんな。
 この生活臭ゼロな感じこそこの街の魅力でありシンドさでもあるわけです。
 ついでにもう一枚いっときましょか。開花のあとは、まばゆい新緑。
1804050914b
 街路樹までオシャレに見えるってモンです。ごちゃごちゃ言うてますけどつまるところ好きで好きでこういうスカッとした景色も。でもね、たまにでええんです今の私には、うん。

(於:兵庫県神戸市東灘区) 元をたどれば京都の町並みなんかも一緒ちゅや一緒か、な。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年4月 4日 (水)

昭和なプラ看板 159 ● アサヒビール

 ホントは“ラーメン”って表記に反応したんですが。
Mikaku2 Mikaku1
 よく見たら小さなプラ看板がじつにええ味わいを醸し出しているではありませんか。小振りで控えめ。てっぺんが丸くておまけに懐かしの朝陽マーク…このお店がいかに長年ラーメン店として愛されているかが伝わってきますわ。いやぁなんとも可愛い。
 最初にも触れましたけど屋号より大きく“ラーメン店”と“店”付けて記してあるって珍しいですな。で、調べてみますれば“ラーメン店”ですが“焼きめし”に反応してはる人が多いみたいで…まぁ、ラーメン店の焼きめしやから美味しいってことみたいですけどね。いっぺん食べに行こ。

(於:住之江区) ミカクは“味覚”か?カタカナにすると、随分印象が変わりますな。

※関連記事:
昭和なプラ看板 151 ● アサヒビール』 2017年11月 記
昭和なプラ看板 22 ● アサヒビール』 2009年3月 記

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年4月 3日 (火)

防火水槽 207 ■ 京都府八幡市橋本中ノ町

 元遊郭の街のそれは、ちょっと別格な感じ。
Suiso207a Suiso207b  過日降り立った京阪は橋本駅。改札を出ますればすぐそこにこんな防火水槽がありました。コンクリ製ではありますが石を用いた銘板、そしてそれをタイルで装飾してあり見るからにそこらに残るモンとは違いまっせって感じです。写真ではちと判りにくいですがタイル部分が淡い水色と桃色の市松模様となっていて…なんて可愛らしいことでしょう。今まで見てきたものの中ではいちばん洒落た防火水槽。ただ…天地逆に置かれているのが残念ですね。

(於:京都府八幡市) これ、文字が左から右に記されてる…防火水槽にしては新しいモンかも。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年4月 2日 (月)

琺瑯タンクの余生 36 ● 大阪府堺市堺区栄橋町2丁4

 仕事の前に南海は堺駅界隈を散歩しますれば道端に琺瑯タンクが。
Horo36a Horo36b
 エアコンの室外機やらプラ籠をまわりに従えて密閉型のそれがデンと鎮座しています。違和感ある光景の様な妙に響きあっている様なその存在感は現役ならではこそそう見えるんでしょう。あ、ちなみにここは堺魚市場の横。魚介類を洗う水が貯えられているのやないかと思われます。
 堺はかつて醸造業で栄えたところ。このタンクも地元の造り酒屋で使われていたものなのかもしれませんね…って言っても堺で酒づくりが途絶えたのが1971年とのことですから、その可能性は低いでしょう。余談ですが2014年、堺に再び酒造の火が灯り喜ばしい限り。酒名が“千利休”…あやかるのもええですけど、ちょっと…まぁよろしいわ。

(於:堺市堺区) やっぱり酒名は“鶴”とか“誉”とか“桜”とか付く昔ながらのが好きやな。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2018年4月 1日 (日)

“sabway”は…かっちょ悪いわ。

 今日から市民の財産、大阪市交通局が民営化でっか。
Sabway1 Sabway2
 で“ようおこし”の駅構内便所にある絵ですけど“sabway”は…ちょっとかっちょ悪いなぁ。これは大日駅のですけど、他の駅でも“sabway”を見かけました…けどどこやったか再度見つけられんまま。万博やること決まるとしたら…それまでに何とかしてね。

(於:守口市) 四月ばかネタじゃねぇよ。

※関連記事:
手洗に“ようおこし”て、どういうこっちゃ?』 2013年5月 記

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2018年3月31日 (土)

ブロック塀のてっぺん風化でどんづる峯

Fuuka1 Fuuka2  ブロック塀のてっぺんが妙に凸凹していて何やどんづる峯が箱庭になった様な感じ。こんな風流な意匠のモンもあるねんなと一瞬思うも、ちゃいますな。
 引いてみれば赤茶けたナミイタから流れる雨水がちょうど塀の真上に落ちてこうなったみたいです。雨水がコンクリをこないに溶かすとは…やっぱり地球温暖化の影響で起こる酸性雨に起因しているのでしょうか。実際この春も急激に暖かなって…って、そうかもしれんと思う様な違う様な。ただただコンクリの材質が悪かったのか…いや鉄錆がコンクリを溶かすのかもしれませんな。
 溶けたてっぺんの材質は下のブロックに固着してるのか見ての通りボコボコでこっちは洞窟の中みたい。まぁ気持ち悪いとも言えますけどなかなか見ごたえある風化具合でした。

(於:愛知県名古屋市中村区) ブロックの隙間に詰められたコンクリは風化せず。そもそもが粗悪品なんやろな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年3月30日 (金)

3月に春爛漫

 3月にしてこの陽気。で、満開。
1803300952a
 触発されて生き生き生きんとな、うん。

(於:東住吉区) 入学式の頃は、葉桜ですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月29日 (木)

金のシャチ爆発!な東邦ガスの銘板

 名古屋駅近くで所用を済ませ、せっかくやしと西南の方向へ散歩しますれば、割とすぐに住宅街に。昔ながらな家屋もちらほらあってええ感じ。ふと立派な民家の門柱見ると、こんなマークが。
Tohogas1 Tohogas2
 直感的に「あ、ガス会社の銘板や」と思うもなんでそう思ったのかは我ながらわかりませんが、調べてみますとやはりこれ“東邦ガス”の昔のマークとか。
 ふたつ掲示してあってその色合いや意匠が微妙に違うもカエデの様な爆発してるみたいな赤の中に黄色で“”…って思いましたけどこれはガスの“”やないかと思われます。で、ですわ。この“”をよく見ますと…やっぱり名古屋!。これは“金のシャチ”ですよ。
 小さいながらもパンキッシュ、そして秘密結社のシンボルみたい。こういうモンで味わう旅気分もええもんです。ってまぁいつもと一緒の視線で散歩しただけのことですけど。

(於:愛知県名古屋市中村区) やっぱり独特やなぁ…

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年3月28日 (水)

洗面所 か。

 所用で名古屋へ。近鉄の急行・各停乗り継いで3時間半、名古屋駅に着いて御手洗さがすも全然見つかれへんわとうろうろすると…やっとあった。けど…
Senmenjo1 Senmenjo2
…そこには“洗面所”の表記。“ようおこし”に比べるもなく何ら間違いではないんですけど、公衆便所の案内で“洗面所”と記されているのって見たことないかもしれんなと思いまして。
 これ、名古屋では普通なのか大阪にもそれなりにあるのかさっぱりわかりませんので何となく気になったというだけの話です。しかしながら…公衆便所で顔洗うかなぁ…ま、私は夏場、しょっちゅう洗いますけどね、趣味みたいなモンですから洗面は。

(於:愛知県名古屋市中村区) 別に珍しい表記でもないのでしたらゴメンナサイ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年3月27日 (火)

俊徳道駅前、夕焼け空にコンビニのサインポール、午後6時21分。

 クルマの点検出しに俊徳道駅近くへ。ふと見上げれば夕焼け空にコンビニのサインポールが灯っています。
1803271821
 何か沁み入りますなぁ。コンビニってシュッとした今日的存在でそこは効率優先で無機的なところって認識してましたけど、この光景みて沁みた理由をあれこれ思うと、すっかり生活の一部になっているということですなぁ…って今さらですけど。
 春近しと言えどやっぱり黄昏時は感傷的な気分になるもんで。コンビニのあかりにひとのぬくもりを感じる…風呂屋の煙突と煙に近いモンがここにもあるんやなと知ったのでした。

(於:東大阪市) これがローソンの青色やったら、また違って見えてるんかもしれん。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年3月26日 (月)

午前8時22分の中之島

 都心の谷底で生きてると、卑屈になってしまう…そんなことないけど。
1803260822
 たまに心の深呼吸せんとアカン気がして。広い景色見ながら陽の光感じて…生活空間がひとの気質を作り上げていくかもしれんなとこういう景色見るたびに思うな。

(於:北区) “春霞”ととると風情あるけど“PM2,5”かもと思うと…

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年3月25日 (日)

直線美極めたかっこええお宅

 いやぁもう…表題の通り。
Tateyoko
 徹底的な直線美。近代建築(?)にしてなぜか和のテイストを漂わせてます。窓枠見ると木製ですからそれなりに古い建物みたいですが妙にモダン。潔いというかなんというかかっこよろしいわ。
 と、直線美に気を取られてちょっと写真として残念なのは左端に庇が壁になる部分があって、そこだけアールがついていたのに写せてなかったこと。まぁ引きもなかっらから仕方ないわと思えどそのアールこそアクセントとして考えられていたんやろなと思うと…あとはストリートビューで補ってください。すんません。

(於:泉南市) '60年代なモンを感じるけど古さを感じるわけではないねん。

※びんみんさんのブログにも登場してました。またも後追い…
参考記事:『和泉砂川の洋風デザイン(泉南市)』  2011年4月 日常旅行日記

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年3月24日 (土)

詰め込まれポスト見て思う

 よく見る光景。
Tsumekomi1 Tsumekomi2
 郵便物が溜まるのは仕方ないなと思うも、チラシがこういうのの大半ってのがもひとつわかりませんわ。どう考えてもゴミにしかならんところにポスティングする…まぁその手の仕事してる人には効果もへっちゃくれもなしで、ただただはやくに捌けたらそれでええわけですからそんなもんですか。けど…まぁええ。

(於:泉南市) “仕事”と“仕事”の違いをあれこれ思うわ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年3月23日 (金)

大国にとっても重要らしいナミイタ建屋

 これらの組織とはどう見ても関係ないところが…逆に恐ろしい。
Ciakdb
 国内のみならずアメリカからロシア、中国の恐い組織までにこのナミイタ建屋は守られているそうです。しかしながら漢字のみならずカタカナも入って…効果バツグンでんな。

(於:泉南市) KDB…これがぶっちぎりで効果絶大。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年3月22日 (木)

八幡牛乳の牛乳箱

 いかにもありそうな一角にやっぱりって感じ。
Tel103a Tel103b
 “八幡牛乳 / 立田牧場”と商品名と屋号、そしてありきたりな“毎度有難う御座います”…年月を経てそれなりに味わいを備えはしているものの、ちょっと素っ気ない意匠やなぁと思ってましたけど、よく見たらリアルな牛の白黒画が描かれているではないですか。これ、現場で気づかなんだのが悔やまれます。
 電話番号もたった3ケタでいたってシンプル。良い状態で今に至るもかなり古いモンやと思われます。
 いつものゴエモン△さんのブログ“牛乳キャップ収集と販売情報(主に関西)”によりますと、20年ほど前に廃業、晩年は他社に生産委託していたとか。立田牧場の住所をストリートビューで見ますと今も牛乳販売を商いされている様で、そこには雪印メグミルクの看板が掲げられていました。

(於:京都府八幡市) 石畳にホース、空の植木鉢…妙に響きあってるなぁ。

※関連記事:
古澤牛乳の牛乳箱』 2017年11月 記
とよた牛乳の牛乳箱』 2017年8月 記
泉南牛乳の牛乳箱 2』 2017年5月 記
縦用の横付け、明治の牛乳箱。』 2017年5月 記
“日の丸牛乳”笠井牧場の牛乳箱』 2017年5月 記
“山は冨士 乳は三國”三國牛乳の牛乳箱。』 2017年5月 記
クロバー牛乳の牛乳箱』 2017年5月 記
綜合乳販の牛乳箱』 2017年3月 記
“内外きよめて心を一致”に“ミルクニューキン”』 2016年11月 記
家屋に溶け込む激シブ牛乳箱』 2016年6月 記
雨上がり 湿気染み込む木造家屋 ええ感じ』 2015年9月 記
牛乳箱の余生 -- 植木鉢として』 2017年5月 記
クニイチのミルクヤの牛乳箱』 2014年10月 記
泉南牛乳の牛乳箱』 2014年2月 記
片岡の牛乳箱の下に、明治のフタだけ貼ってある。』 2013年12月 記
牛乳箱、郵便受になったらゴミ箱に…』 2012年5月 記
木造家屋に牛乳箱ふたつ』 2012年3月 記
ビクターエアコンと牛乳箱、馬場牧場の。』 2011年9月 記
“市電今里終点”と記された牛乳箱。』 2011年7月 記
京阪牛乳でみな元気っ!♪』 2008年3月 記
太田牧場の“生”牛乳 ♪』 2007年9月 記

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年3月21日 (水)

一本足埋まるも和むポスト、京阪は橋本駅前。

 せっかくの一本足埋め込まれるも、なんかええ感じ。
Haspos
 本来の持ち味を生かせてないから可哀想と思うも何となく坪庭の灯篭のごとくこの空間にうまいこと収まっていて案外幸せモンに見えまして。しかしまぁ…駅前ポストにしてはのどかなことで。

(於:京都府八幡市) うまい具合に集荷の車が来たモンや。

※関連記事:
一本足のポスト、骨折中?』 2017年11月 記

半分生き埋め角ポスト、松下電器産業製。』 2017年3月 記
一本足ごとビルトインされたポスト気の毒』 2016年1月 記

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月20日 (火)

ベーコン、小麦粉不使用のベーコンエピって…

 毎度のこと40%引シールに釣られてベーコンエピひとつカゴに入れて…小さな幸せ。
Be01 Be02
 いくつかちぎって食べて…あぁ美味しい。で、なにげにラベルの原材料が記されているところを見ると…え?、ベーコンも小麦粉も使ってませんわこれ。
 カリッとしたベーコンと思っていたのはモドキかいな。香ばしい小麦の香り…って思ってたんは加工デンプンなんかいな。
…それで40%引きやったんか。小さな幸せやった気分はすっかり「…あ、またやられた」に。以前ここのスーパーはハモの湯引きで妙な計算してはったと思ったら今度はこういうことを…とか何とか。

 “エピ”って“麦の穂”の意味か…しらなんだ。

※関連記事:
278円の40%引きは…214円やねんて。』 2015年8月 記
原材料:調味料(アミノ酸等)。だけなんや…』 2010年10月 記

| | コメント (3) | トラックバック (0)

«巽中2丁目、文化住宅角の昼下がり。