2019年10月16日 (水)

ツタ家と緑のトンネルと

 何や急に寒なって冬間近って感じ…って言っても寒空とはほど遠いスカッと晴れ渡った青空に向かってツタが勢いよく生長してまっせ。
Tsutaya6 Tsutaya7  半分はえらいとこから生えてまんなぁ。歩道に置かれた会所マスからアーチ描いてみどりのトンネルに。まぁそれでもここまで大きくなっていること思うと、もう大地に根をおろしていることでしょう。ストリートビューで過去を見ると冬場は葉を落としている様子。今期最後の繁りまくり状態を見ることができてうれしいなぁ、何となくですが。

(於:東成区) くぐり抜けたかったけど、なんとのう気後れしたのが悔やまれる。

※関連記事:
俊徳道の 緑のトンネル 涼やかや』 2016年9月 記
巨大樹木かモリゾーか? …否々。』 2010年12月 記

| | コメント (0)

2019年10月15日 (火)

視覚効果バツグン、その上聴覚にも…

 視覚にこの上なく訴えてますけどじつはここ、聴覚にも訴えてきます。
Otoroshi1 Otoroshi2  何げに自転車でこの前を通ったらカシャコショーって感じやったか妙な音がして…戻ってみると、どうやら塀の上にセンサー完備の様。効果バツグン、ささっと撮って逃げました。

(於:住之江区) そのうち臭覚にも訴えてきはるかも…

※関連記事:
阻塞』 2019年9月 記
コンクリブロックの朱塗り、逆さパイロン縛り。』 2019年8月 記
「ここだけは絶対止めたらアカンぞ」』 2013年3月 記

| | コメント (0)

2019年10月14日 (月)

ピッカピカ、アサヒビールの旧看板。

 アサヒビールの旧看板を先の記事で取り上げましたが…だったらこれもってことで。
Asahibeer5  どうです?旭日マークに目がくらむほどのピカピカさ。前回のそれは木製と思われますがこれは中身は木で表面はアクリルのやつかと思われます。
 大抵のこの手のものは色が抜け表面が劣化して割れたり取れたりしてしもてますこと思うと、最近の復刻ブームに便乗した新品やないかと勘ぐって…まぁそれはないですわな。
 確かここにもあったんちゃうかなぁアーケード…というわけで調べますれば、やっぱり。昨年の強烈な台風でここ花園商店街のアーケードが大きく痛み、その後撤去された様です。どうりでピカピカ。ここまでキレイな状態で残って…やっぱりアーケード様さまですな。せっかくここまで残っているのにこれからは劣化も始まって…まぁ仕方ないこととはいえ、残念に思いますなぁ。

(於:東大阪市) 今、ラグビー風商店街に変身。近くの酒屋さんには“トライ一本!!”って清酒もあるでよ。

※関連記事:
アサヒビールの旧看板、アーケードに守られ。』 2019年10月 記
昭和なプラ看板 159 ● アサヒビール』 2018年4月 記
アーケードなくなり、アサヒの看板すっかり色あせて…』 2016年4月 記
昭和なプラ看板 22 ● アサヒビール』 2009年3月 記

| | コメント (0)

2019年10月13日 (日)

民家の軒下に水揚げ水車

  過日歩いた東大阪市の西部、トラックターミナルをやり過ごして東に向かいますればそこは隣接して昔ながらな集落。こういう町並みがええなぁ、中河内が落ち着くわ…と感じつつ行きますと神社の向こうに水車らしきもんが民家の軒下に括り付けられていました。
Suisha1Suisha2 農機具の何かかなぁと思いつつ帰宅後調べますればどうやらこれは、水田に水を入れるためのものとか。用水路の充実にポンプが普及したこんにちでは不要となってこの様に…って、案外田植え前後には今でも使われているのかもしれませんね。
 昔ながらな民具、博物館やら資料館にあるのもええんでしょうけど、こういうところにあるのを見る方がずっといいなぁ。まぁ 未来永劫ここにあるというわけでもないかと思うと、ちと切なくなりますけれども。

(於:東大阪市) 垂れる蛍光灯の外灯もええ味わいや

| | コメント (0)

2019年10月12日 (土)

前を行くトラック何げに懐かしいなぁで、雑感。

 過日仕事の帰りしな嵐山経由で帰宅。渡月橋を渡って何げに前のトラック見ると「…懐かし」と思いまして。
Spoon  見ての通りどぉってことない図とも言えますがそう感じたんですよ「懐かしっ」って。
 商品名を売るコピー、それ自体“お砂糖はスプーン印”と昔ながらな直球さで、それがトラックに記されているというのもきょうびまぁ見かけんなぁって感じ。そしてトラック、この様な平積みタイプのトラックって昔は当たり前の様に見ましたけど、最近はほとんど荷台にアルミの囲いがあるやつばっかりやと思うんですけど、どうでしょ。
 別段懐かしいとは思わはれへんお方がほとんどかもしれませんけど、懐かしいと思った気持ちは変えられませんわ。てなわけでこれからもスプーン印にしよかと思うのであります。

(於:京都市右京区) 砂糖に“お”が付いてるのも懐かしいねんな。“おビール”…

| | コメント (2)

2019年10月11日 (金)

御堂筋、バスの車窓から卍見た。

 先日バスに乗って難波へ。御堂筋の側道はタクシーやらトラックやら駐停車するクルマが多くてバスが順調に通れんなぁって感じ。そんな時、何げに外みたらドンと“卍”がそこに。
Manji2  ストリートビューを見れば10年以上前からある様で。こんな建物があるとは全然気づいてませんでしたわ…って言うか3つのお店別々の建物の様でひとつのビルやったとは。上の方見て「あぁ、これな」と。まぁしかしあんまりシュッとした場所には興味湧かんので、こんなもんですな。

(於:中央区) きょうびは御堂筋の時代でっか、心斎橋筋よりも。

※関連記事:
『阪神高速の橋脚に“卍”見た。』 2015年7月 記

| | コメント (0)

2019年10月10日 (木)

アサヒビールの旧看板、アーケードに守られ。

 大和高田駅前の商店街はアーケードがなくなってましたが、こっちは健在。その名も天神橋筋商店街。ですが大阪のそこの賑わいに比べるまでもなく人影も店舗もまばらな状態。ちと寂しい気持ちにさせられつつ廃業されたであろう食堂に残るアサヒビールの看板がありました。
Asahibeer3Asahibeer4 やっぱりよろしいなぁ…ってそのマークがええというのもありますが、劣化することなく保たれている状態でアーケードの存在がよろしいなと。ここもいずれは撤去されるのでしょうか。賑わいのなさを思うと…仕方ないのかもしれません。

(於:奈良県大和高田市) パラペットで半分隠れている丸窓もかなりええ感じ。

※関連記事:
昭和なプラ看板 159 ● アサヒビール』 2018年4月 記
アーケードなくなり、アサヒの看板すっかり色あせて…』 2016年4月 記
昭和なプラ看板 22 ● アサヒビール』 2009年3月 記

| | コメント (0)

2019年10月 9日 (水)

農人橋交差点から見た西の光景、午後8時43分。

 昨日の夜の光景。
1910082043  ちと呑みに出たら某立ち呑み屋さん閉まってるやん。「なんでやねん」とブツクサ思いつつ北上し中央大通を農人橋の交差点を歩道橋で渡りつつ西見ればクルマが一台も走ってなくてまるで深夜みたいやと慌てて撮りますれば…ちっ、左端からタクシーが出てきていて台無し。とか思いましたけど逆に深夜っぽさが増す要素にもなってるかも。午後8時43分の図。

(於:中央区) 一気に涼しなって燗酒旨々。

※関連記事:
農人橋交差点歩道橋から東を眺める、17時44分。』 2017年12月 記
午前10時18分、農人橋歩道橋から中央大通を眺める。』 2017年8月 記
歩道橋から東西の景色。中央大通×松屋町筋=農人橋交差点。』 2011年7月 記

| | コメント (2)

2019年10月 8日 (火)

旅役者、壁にいっぱい。

 5年ぶりに降り立った近鉄は大和高田駅。改札を出て右へ向かうと…何かちゃうわぁ趣きが…ってそうか、商店街からアーケードが消えてますわ。お店もあんまり残ってなくて、すっかり普通の道と化して…役目を終えたんでしょうか。ちょっと物悲しく感じるも、人通りまばらで薄暗い街並みより見上げれば青空の見える方が良いかもしれませんね…って雨模様でしたが。
Tabiyakusha  駅に近いところの一角はこんな感じ。ちょっとでも賑わいをってことでしょうか、この商店街の核とも言うべき(?)弁天座を賑わす大衆演劇の劇団のポスターがいっぱい。やや日焼けして色褪せして妙に溶け込んでますなぁ。なごみます。ずっと眺めておりますと、いっぺん行きとなってきました。そう言えば10時前やというのに弁天座の前には開演待ちかおばぁさん数名がいてはりました。まだまだ知らん世界だらけですわ。

(於:奈良県大和高田市) 大衆演劇…敷居低そうで高いなぁ、心理的に。

※関連記事:
Fresh Fruits描かれた古い看板』 2014年4月 記

| | コメント (2)

2019年10月 7日 (月)

高槻市柱本7、中古車店の夕景 午後5時22分。

 京都は西陣某所で仕事して、睡魔と闘いながらクルマを運転。夕焼けも何や眠たい感じ。
1910071722  信号待ち中何げに撮った一枚が、妙に静まり返った世界に。ウソではないものの、どこか嘘くさい図。

(於:高槻市) そや、丸い照明器具のシルエットがええなと思て撮ったんやった。

| | コメント (2)

2019年10月 6日 (日)

東大阪市に“泉北高速鉄道”のなぜ?

 過日歩いた東大阪市西部はトラック輸送の基地の様で、いろいろと物流関係の施設がありました。そんな中にこんな看板も。
Htt2  上に記された“東大阪トラックターミナル”には違和感がありませんがその下、そこに記されている“泉北高速鉄道”の文字、これが「へぇ?」って感じがしまして。東大阪市に泉北高速は走ってないし、同鉄道が貨物輸送してると聞いたこともないし…妙な感じ。
 帰宅後調べてみますれば…はぁ、そういうことか。すなわち大阪府を主体とした第三セクター、大阪府都市開発がかつて泉北高速鉄道を運営していた訳で、その会社を2014年南海電気鉄道が買収、泉北高速鉄道株式会社と社名変更し、物流事業も継承して今に至っているということです。
 その大阪府都市開発って会社がトラックターミナルを手がけていたことも知らなんだ者としてはこんな中河内の地で見る“泉北高速鉄道”の名は新鮮に映りました。知らなんだのは私だけかもしれませんけども。

(於:東大阪市) 南海は鉄道事業だけを買ったって訳やなかったのも意外。

| | コメント (0)

2019年10月 5日 (土)

街角の謎の貼り紙意味不明 3

 先の日本酒ゴーアラウンドの移動中、久々に見つけました。
Angou6 Angou7  場所を変えてまだやってはるんやって感じ…って拙ブログもそう見られているかと思うとお仲間とも言えますか。
 今度のもまぁ意味不明ながら所々やはり判読できて“麻生・知事・責任追及企(事)業主のすべてのソンがいのバイショーホショーを!・つぐない・イランでも”などとあり、もう一枚の方は“矢の・フロシャワー・俊介右外人右4番・原口を右打・3点”…前者は社会に、後者は阪神タイガースへ向けてのメッセージかと思われます。
 今回のも前々回同様処方された薬の袋の裏に書かれています。ま、そういうことで。

(於:天王寺区) スカッとするんやろか。いっぺんやってみよかなぁ…いやいやようしません。

※関連記事:
街角の謎の貼り紙意味不明 2』 2018年7月 記
街角の謎の貼り紙意味不明』 2018年4月 記

| | コメント (0)

2019年10月 4日 (金)

昭和なプラ看板 187 ● ブラザー編機 指定教室

 気がつけば、見かけなくなって久しいかも。
Broami1 Broami2  思えばミシンすら家庭で日常的に使われることがなくなって久しい訳で、それ以上に“編機”となると…う〜ん、長いこと見たことがないですわ。
 調べますればブラザーが編機の生産をやめたのが1990年代と言いますから、もうこの手の教室もやってはれへんことでしょう。
 同じ様な看板で“シルバー編機”ってのも見かけたもんですが、こちらの製造元シルバー精工はタイプライター等事務機器なども手掛けるも2011年に破産したとか。一方こちらブラザーは目につくところではプリンターもつくり、知らんところでは工作機械もやってはってうまいこと時流に合わせた展開をしてはるみたいです。しかしながら、変化の激しい時代の会社経営って…大変なことやと思いますわ。

(於:堺市堺区) 既製品の安さもあるけど、時間的余裕の有無も関係あるやろな。

| | コメント (2)

2019年10月 3日 (木)

キリンビールのラベル看板、阪南町一丁目角。

 阿倍野筋五丁目でバス降りて、仕事の前にさらっと探索。
Kirin  酒屋さんの壁面にキリンビールのラベルが一枚。剥げハゲながらなかなか忠実に描かれているなぁ…と思うも隠し文字の“ キ・リ・ン ”は見当たりませんな。このデザインのは40年は前のもの。夕食時に食卓で見たあれですわ。そや…そう言えば父親は昔キリン飲んでたなぁ。何でやろ…今となっては訊けん話となってしまいましたが。

(於:阿倍野区) 看板に気を取られて観察し忘れてましたけど、壁面のタイルがまたええ味わいやことで。

| | コメント (2)

2019年10月 2日 (水)

近畿道の橋脚、北春宮交差点から北の図。

 東大阪市某所へ仕事。中央線は長田駅から北へ東へ。北春宮交差点で近畿自動車道を見上げますと、こんな感じ。
Kitaharumiya  どこで見ても圧巻の橋脚。よく見たら色合いも形状も上りと下りで違います。右の方は近年メンテされたのか全体的にキレイな感じ。目立たん部分に渋い緑色で化粧されてのがよろしいなぁ。まさしく縁の下の力持ち。そしてそれを維持管理する人たち…頭が下がるわと思いつつ、大半の仕事に従事する人がそんなもんで自分もそんな人のひとりやなと一瞬思うも否々。縁の下ながら弱々…もうやめとこ。

(於:東大阪市) Googleマップの徒歩移動の所要時間、あれは足長い外国人基準でんな。

※関連記事:
近畿道の高架下、長田にて。』 2016年5月 記
ジャンクション下の静寂』 2014年9月 記

| | コメント (0)

2019年10月 1日 (火)

日本酒の日に

 10月1日は日本酒の日。という訳で日本酒ゴーアラウンドに少し参加。途中一軒でビール休憩を挟み5軒でお酒を楽しみました。
Miyoshikiku けど何ですなぁ、ほんまに日本酒の味わいも多様化したなぁとしみじみ。酸っぱいのやら渋いのやら…これだけ様々な味わいが出揃うともうどんな世界の料理にも合う一本がありまっせ、うん。ここ数年…いや十数年でお酒(日本酒)の評価が減点法から加点法に変わったなと思います…って国税庁と公的機関の評価軸は今もそうでしょうが。「肴を選ばん酒から肴を選ぶ酒へ」と考えるとこれは大きな転換。と言うことはいわゆる王道の酒を醸しているだけではなかなか商売にならん時代とも言える訳で、各蔵元さんも個性的な味わいを追求し、蔵元自身のキャラをも全面的に出してはるのも理解できますわ。
 YK35なんてとうの昔のこと。気がつけばさっぱり近年はやりの銘柄も知らんわ覚えられんわ状態。まぁええ。マニアやめたら酒がますます旨くなるってもんよ。どんどんこだわりが薄れて…歳とるのも悪ないなと言い訳してこの辺で。

(於:東成区) “肴を選ばん酒”ってのがやっぱりいちばん落ち着くんやが…

| | コメント (0)

2019年9月30日 (月)

八尾市跡部南の町の鉄塔、午後0時24分。

 平野区某所で仕事。所用のあと、近鉄山本駅あたりから歩いて歩いて…おっ、ここや。
1909301224  「ここや」は7月15日の記事の場所やのこと。夕空にそびえる鉄塔にそわっとしたこの場所ですが、昼間見てもえも言えん光景やことで。怖いんですけど惹かれますわ。道を隔てたところにあった銘板見れば“竜華変電所”の文字。やっぱりここは変電所でしたか。

(於:八尾市) それにしても関電ってのは…

※関連記事:
八尾市跡部南の町の鉄塔、午後5時9分。』 2019年7月 記

| | コメント (1)

2019年9月29日 (日)

阻塞

 これをバリケードと言わずして何をバリケードと言うんか。
Barricade  物理的にも強靭ながら、心理的にもこの上ない「入ってくんな」的効果バツグン。これ以上近寄れませんでした。

(於:神戸市中央区) カラスやネズミに効果ゼロ。

※関連記事:
コンクリブロックの朱塗り、逆さパイロン縛り。』 2019年8月 記
「ここだけは絶対止めたらアカンぞ」』 2013年3月 記

| | コメント (2)

2019年9月28日 (土)

恩智の里の空地の初秋、午前9時34分。

 茶の湯の稽古場への道すがら、ふと空地越しに見た景色に「あ、秋やわ」と。
1909280934  雲の形とススキと何やわからん紫の花、光まわりも加わってのどかな図。そや、ここはお豆腐屋さんの跡地。豆腐一丁買ったら二丁オマケで付けてくれたことがあったなぁ。嬉しいけれど計三丁の豆腐は…食べ応えありすぎました。思えば随分昔の話です。

(於:八尾市)茶の湯の稽古は何や難しいお点前を。全然覚えられん…と言うか覚える気がせん。

| | コメント (2)

2019年9月27日 (金)

モコモコの木に信号待ちで自転車のお方

 信号待ち。ふと目に入ったマンションの植え込みの木はカイヅカイブキかなぁ。その形が妙にバケモンっぽいというか入道雲っぽいというか。
Mgh  ちょうどそこに自転車に乗ったお方がひとり信号待ち。妙に溶け合ってるなぁ。ええタイミングに感謝。

(於:京都市下京区) 髪型がこの場にばっちりってこと。

※関連記事:
オバQいっぱい』 2018年5月 記

| | コメント (2)

2019年9月26日 (木)

西日と雲と鉄塔と、茨木市西河原、午後3時10分。

 京都は西陣某所で仕事して、時間はあるし天気はええしで帰りはドライブがてら茨木経由のいつもと違う道で。171号線が安威川を渡る手前で信号待ち。前見上げれば、かっこええ雲と鉄塔のシルエット。
1909261510  9月末にしては暑い一日。それでも空の様子はやっぱり秋な感じ。確かに朝方は窓閉めて走らんと肌寒く感じましたわ。過ごしやすい日々ももうそこまでやってきている…嬉しい様で、さみしいなる季節到来でもありまんなぁ…あ、もう既にすっかりそのモードですけど。

(於:茨木市) いろんな世界に“そこだけに通じる常識”ってモンがあるなと改めて思うここ数日。

| | コメント (2)

2019年9月25日 (水)

前ビル解体から5年弱、タワーマンション現る。

 築22年のビルが解体されて「へぇ、もう壊すんかいな」と驚いたもんですが、そこはこんな感じになりました。
1909222236  タワーマンションいっちょあがり…って、そうか、解体から発掘調査とか諸々あってもう5年近くの歳月が経っていたとはかなり驚き。先日、大丸心斎橋店本館の再オープンのこと記しましたけど、あれももう4年も経っていたと知って唖然としましたわ。月日は確実に流れてる。それ思うと何か置いてけぼりを食らってる気分になりますわ。これでえぇんかいな…ってまぁ、アホげはマンネリが命でもあるんですけど。

(於:中央区) かっこええ写真やなぁと自画自賛…あっ、建物がかっこええだけか。

※関連記事:
新しいビル、解体中。』 2014年12月 記

| | コメント (2)

2019年9月24日 (火)

“田にクスリ入るな”か…

 西宮市某所で仕事。阪急は門戸厄神で降りて…のつもりが時間もあるわと西宮北口から歩いて現場へ。ところどころ残る田んぼは実っていたり稲刈りも住んでいたりとまさに初秋って感じ。
 そんな田んぼの隅に手押し式の井戸ポンプが。懐かしさを誘うサビ具合になんとなく癒される…までもなくその前にくくり付けられた看板の文言、これが台無しな気分に。
Tanikusuri1Tanikusuri2 “田にクスリ入るな”。“れ”がないのでちと日本語としては変ですが、そんなことはどうでもよろしい。え?ということは…田んぼに悪意を持って薬品放り込む輩がおるってことですか。薄気味悪いって言うか…じつに気分悪いことされることがあるんですね。ゴミや空き缶、その上クスリまで…街中で田畑を維持するのはことのほか大変なことの様です。
 で、思い出したことひとつ。田畑に通じるある用水路に白濁したシアン色の液体を流してるおっさんがおって「何な流してんねん、下には田んぼもあるやろ」て怒ったことがありました。20年以上前の話ですけど、それが家の前やったってこともあって、その後の逆恨みが気になって嫌な思いをしましたわ。何のために何をわざわざ川に流していたのか…そのじじいはそそくさと軽トラに乗って去って行きよったけど…ほんまに。

(於:兵庫県西宮市) そう言えばどっかの御神木が薬品で枯らされたってのもあったな。

※追記:
“田んぼの中に危険な除草剤、殺虫剤を散布してあるので、はいらないように、という意味でしょう”とのコメントを無記名の方より頂きました。御礼申し上げます。
なるほど納得。どんな怖いクスリやねん…と思うも、脅しとして使っているのでしょう。てなわけで記事はそのままにしておきますが、解釈が間違っていたかもということでひとつお許しを。


| | コメント (2)

2019年9月23日 (月)

菅原城北大橋北詰から雨の梅田を眺める、午前10時54分。

 台風や雨や言うもスマホが知らせる天気はくもりで降水確率も0%。方やお子のスマホの情報は雨やらくもりで降水確率40-60%って…何なんと思いつつ「まぁ降らんやろ」と意を決して「ほなら今日は伊丹の空港まで行こか」と自転車漕いで淀川は長柄橋から西の方見たら「これ絶対降ってるやん」な空。けどまぁ持つやろと同じ道帰るのもおもろないしでひとつ上流側の橋で帰ろと行ってますれば…どわーっと雨。
1909231054  まぁそれでも橋の下で雨宿りしてたら雨も止んで…でももうええわと淀川左岸で帰路に。だただた三連休最終日の午前の話。あとは家でお子とカップ麺食べてまったり。こういう時間もええもんやわいと思いつつ。

(於:東淀川区) 「どっか行こ」言うてもらえるうちが花やでな。

| | コメント (0)

2019年9月22日 (日)

日産ブラシ、うっすらふたたび。

 今日もお彼岸、雨降らんうちにと出かけますればこんな看板に遭遇。
Nissanburashi1 Nissanburashi2   消してるつもりも浮き出てますやん社名が。まぁそやからネタになるわとあっちとこっちから二枚。何度も前を通ってましたけど、全然気づかなんだなぁ。
Nissanburashi3 帰宅後気になってストリートビューで見てみますれば、ほんの一時期ここにその会社があっただけみたいで、結局この社名が記された看板は確認されませんでした。
 でもまぁ気になるし…とあれこれ調べてみますと、こんなのを見つけました。
 (一財)日本粧業会という小間物等の財団法人のサイトにある資料館という過去の業界新聞に載っていた広告、そこに日産ブラシという社名を発見。ブラシはブラシでも歯ブラシを扱う会社やったんですね。オハヨー歯ブラシもスポーツ歯ブラシも全然見たことありません。どうにももう現存しない様ですが…近年まで商いをされていたのですね。
 歯ブラシと言えば八尾の地場産業やとの認識はありましたが、それを商っている会社は南久宝寺あたりに多くあったことも初めて知りました。確かにあのあたりは小間物商の街な風情が残っています。ちなみにこの広告にある住所にこの看板があったのではありません。
 なにげに気になった看板からあれこれ知ることができて嬉しい限り。古い業界誌の記事もさることながら懐かしい広告の数々…ええもん見つけたもんです。

(於:中央区) しかしながら…微妙なマークやことで。

※関連記事:
すぴーど食堂、うっすらふたたび。』 2009年9月 記

| | コメント (4)

2019年9月21日 (土)

旭区今市1-3-10の空地に思う、午後5時01分。

 お彼岸ってことでお墓参りあっちにこっち。コインPにクルマ止めて歩きはじめますれば路地に面してに空地が。そう言えば建物がなくなり更地になっていてちと驚いたのがお盆。それから一ヶ月、すっかり草むらになってますわ。
1909211701  まぁ当たり前と言えば当たり前な図。ですけどどっかから種がやってきて根を生やして…すごい生命力やことです。行きは「わっ、もう草茂ってるやん」と思って見ていましたけど帰りしな改めて見ますれば、様々な種類の草が共演いや競演…そんなええもんではありませんわな。まぁ何しか美しいなと思いまして。これらを“雑草”とひとくくりで語るのも失礼な話やことですわ。かと言って知っているのは“えのころ草”だけなんですけども。

(於:旭区) 涼しい一日。秋虫鳴き稲刈りも始まってすっかり秋。

| | コメント (2)

2019年9月20日 (金)

琺瑯タンクの余生 47 ● 和歌山県田辺市上芳養

 前回の物件と同じ県道208号線沿いの同じ集落にありました。
Horo47  細い山道のカーブを曲がれば不意に現れたそれ、緑のと赤茶けたのと二本あってまぁ共にすっかり溶け込んでいる様にもみえますけど、木目の板に蛾が溶け込んでいるのを発見した時の様な気色悪さを発見時に感じたんですが…って、ちょっと言い過ぎかもしれません。
 沢の近くに置かれていて、塩ビのパイプが繋がれている状態でしたので、沢の水を溜めておくのに使われているの様に思われましたが詳しいことはわかりませんでした。しかしまぁいかにも夏って感じの光まわりですな。

(於:和歌山県田辺市) 夏っぽい上に和歌山っぽいな…何となく。

| | コメント (0)

2019年9月19日 (木)

橋梁とコンテナ二題、JR神戸駅高架下。

 神戸港の片隅で仕事。東海道本線は神戸駅で降りて…やっぱりいつ見ても旧国鉄の橋梁はかっこよろしいなぁと愛でておりますとでっかいコンテナ積んだトレーラーが入ってきて、うん、いかにも港街って感じ。
Nyk  うわっ、めっちゃかっこええやん…ってまぁ理由はないので個人の感想です。しばらくするとゴトンゴトンと音を立てて貨物列車が登場。やったぁって…子供か。
Nykjp  一枚の写真に橋梁とトレーラーのコンテナと鉄道のそれと…こういう偶然のタイミングをシュッと撮ることができてさすがはスマホだわ。と言いたいところですがいつものコンデジでのもの。まぁようするにデジタル様さまですなぁとしみじみ。

(於:兵庫県神戸市中央区) 何となく英語入っるからかっこええと思ってるんかもしれん…

※関連記事:
JR神戸駅の橋梁』 2017年6月 記
JR三ノ宮駅の橋梁』 2015年5月 記

| | コメント (0)

2019年9月18日 (水)

心斎橋の大丸、4年経って本館再オープン。

 4年の歳月が流れ…いよいよ20日グランドオープン。
1909181807  ちょっと早めに見てきました、仕事で。午後からは上得意客向けの内覧会もあったみたいですから、もう色々情報は出ていることかと思います。さぁどう変わったか…は皆さん自身で確認しはるのがいちばん。ま、個人的には「すごっ!」ってのと「…残念、かも」ってのがありましたが基本「大阪の粋(すい)をよくそここまで…」と感じました。百貨店はやっぱり大丸ですわ、“心ブラ”ってコトバがまだ生きていた幼少の頃からずっと、ね。

(於:中央区) 建て替え中に年号変わって令和元年に完成…うまいことできてるわ。

※関連記事:
大丸心斎橋店本館 本日で一旦閉鎖』 2015年12月 記

| | コメント (0)

2019年9月17日 (火)

昭和なプラ看板 186 ● 郵便貯金のリス

 過日自転車で前を通った某郵便局にリスの看板が。最初当たり前の様に見ていましたけど、案外もう見かけんかもしれんなぁと思いまして。
Yuuchan1a Yuuchan1b  「あぁあれな」と思うもずっと見ておりますれば懐かしい気分にさせられます。可愛い様に思うも、口はないし目に心が感じられんし…で、やっぱり前時代的やなぁって感じ。思えば幼少期に目にした帳面とかの文房具に印されていたこの手のキャラクターって、どれももひとつ「きゃっ!かわいい♡」ってのは少なかった気がしますが…どうでしたっけ。
 で、このリスですけど、いったい何ていう名前なんやろと調べましたが…まぁ、たぶん“ユウちゃん”みたいなんですけど、どうもそこに出てくる画像がこれではなくて。
 wikiによりますと1962年から2007年まで使われていた郵便貯金のマスコットやそうですが、1990年にサンリオに発注され大幅なデフォルメがなされたとあります。で、画像検索してもそのサンリオ版ユウちゃんばかりが出てくると…って、ちゃんと探しきれてないだけでしょうけど。
 うろ覚えですけど幼少期家でなにげにみた通帳にこのリスが描かれてた様に思います。当時からあんまり可愛いと思いませんでしたけど、いま見ても…やっぱりもひとつですな。ま、そこがいかにも昭和40年代って感じがするんですけど。

(於:阿倍野区) 学童を描いたモンとかも妙に怖かった様に記憶してますけど…どぉ?

| | コメント (2)

«(今更ながら)懐かしの奈良交通、復刻塗装。